海外FX取引の注意点って何?

出金依頼は早めにしましょう

海外のFX会社は意外にも日本より金融色が濃いため、しっかりとした会社は口座管理が厳しくなっています。日本ではFXはギャンブルという誤解がありますが、海外ではFX専門の個人トレーダーは立派な職業として考えられています。そのため、出金の際に本当に本人からの依頼なのかを厳しく見極める会社が多数あります。クレジットカードで入金した際は、早めに出金依頼をしておかないと、口座引き落としに間に合わない事もあるので注意が必要です。
海外の口座は日本の金融庁の管轄外です。日本では信託保全を義務化していますが、海外ではFX会社の任意に任せています。取引を開始する際には必ず利用するFX会社が信託保全、若しくは分割保全をしているかを確認してから始めるのが賢明です。

レバレッジの錯覚に注意しましょう

海外のFX会社の最大の特徴はレバレッジの高さにあります。日本では個人投資家は25倍、法人で100倍以上ですが海外の口座では、500倍、600倍は珍しくはありません。そのため少ない資金での取引が可能になってきます。10万円もあれば、十分すぎる証拠金と言えます。
海外口座では、ハイレバレッジが故のトラブルは少なくはありません。少ない証拠金で10LOT、20LOTという大きなポジションが簡単に建玉できるため、逆指値注文が数pipsスリップしただけでも大きな損失になります。また、損切りに躊躇しただけでも大金を簡単に失ってしまいます。従って、海外口座での取引の際には、厳格な損切りが日本での口座以上に求められます。